先週末、仕事帰り、遅めのランチを食べようと、
一人、駅前のレストランに入りました。ナイフとフォーク
店内は、OLやサラリーマンと思われる人達で、ほぼ埋まっており、
私は中年の女性二人が座っている隣の席に座ることになりました。
二人とも声がとても大きかったので、
自然、会話の中身が耳に入ってきたのですが・・・
気になったのは、話の中身です。
彼女たちは、バレンタインデーについて話していました。
「会社の上司の〇〇さんにも、チョコ、あげなきゃいけないよね。」
「そうだよね。他の皆もあげるって言ってたし・・・。」
「なんか、面倒くさいねえ。
「本当に面倒くさいよねえ。」
「最近はさあ、『友チョコ』って言って、男性だけでなく、
友達にチョコを渡すんだって。」
「そうなんだあ。・・・なんでそんなことまでしなきゃいけないんだろうね。
面倒くさいよね。」
面倒くさいよお。主人に買うのも面倒なのにさあ。」
「そうだよねえ・・・。」
・・・とまあ、
正直、聴いているこっちの気分がどんどんトーンダウンしていくような汗
話でした。ダウン
そもそも、チョコレートって、愛を伝えるために、贈るもの。恋の矢
「そんなに面倒くさいなら、渡さなければいいのに・・・。」
と思ってしまいました。
大好きな人に喜んでほしくて、
自分自身もワクワクしながらチョコを贈る。
チョコを用意するのも、贈るのもとても楽しい・・・。
だからこそ、渡す相手にも、真心が伝わって、結果、
お互いの絆がいっそう深まると思うんです。
義理や義務で渡した相手は、
はたして素直に「ありがとう」という気持ちになれるでしょうか?
・・・と、ここまで考えた時、「ああ、これは仕事についても言えることだビックリマーク
と思いました。
チョコレートを
仕事で提供する商品やサービスに例えてみます。
考えてみてください。
同じ商品やサービスを販売する人がいたとします。
一人は、その仕事が本当に好きで、
働くことを心から楽しんでいる人。(‐^▽^‐)
もう一人は、
お金を稼ぐために、「仕方ないから」、あるいは
「働かなきゃならないから」働いている人。( ̄へ  ̄ 凸
あなたは、どちらの人から、その商品を買いたいと思いますか?
間違いなく
前者ですよね。
私は思います。
「この仕事が好き」と言える人は、
「好きなこと」を探そうと努力ができる人
ではないかと。
どんな仕事でも、苦労や辛いことはあるはず。
それでも、「楽しい」「好き」と言えるのは、
その仕事の持つ意味や仕事の魅力にフォーカスしているから、
前向きな姿勢があるから・・・ではないでしょうか。
そして、それは、
お客様に何かを尋ねられた時にも、
新しい仕事を任されたときにも、
予想外のトラブルへの対応にも、
「前向き」な行動や発言として、表れるものだと思うのです。
もしも、「仕事だから仕方ない」「面倒くさい」という言葉が出そうになったら、
ぜひ、考えてみてください。
あなたは、
自分の仕事を好きですか?
仕事の価値や魅力を自分で見つけようとしていますか?

自分の仕事を心から楽しむ・・・それは、だれでもなく
私たち自身のため・・・ですよね。(^_-)-☆
$元ズームイン朝アナウンサー・小紫真由美が教える「起業家」のための「売れる♪話し方講座」
我が家の男子のために。一応チョコバナナケーキです。
——————————————————-

3月6日(日)開催! (2月22日まで早割受付中!)

チャンスと人脈を引き寄せる‘対話力’1日集中セミナー
あなたの影響力が倍増する!
魅了型プレゼンテーション&コミュニケーション
編 
★3秒で相手のハートをつかみ、15秒で虜にする
話し方や、相手の心に「刺さり」、動かす「対話術」
人に影響力を与えるプレゼン話法を
実例やワークを交え、マスターできます!

★参加者の声&お申し込みはこちらから!
http://taiwa-coach.com/seminar.html
——————————————————-
★チャンスと人脈を引き寄せる対話力コーチング★
 Coach Com代表 小紫 真由美


小紫のコンサルティングメニューはこちらから

お電話でのお問い合わせ TEL 025-245-4560 受付時間 9:00〜18:00(日・祝除く)

The following two tabs change content below.
小紫 真由美

小紫 真由美

PRコンサルタント
神戸外国語大学を卒業後、TeNYアナウンサー、FM-PORTでナビゲーターを務めた後、2003年独立。コミュニケーションに関する資格を多数取得し、企業研修や講演実績は300件以上。一方、自身の体験を元に初対面の相手に、自社の魅力を伝え、信頼関係を構築する手法を体系化し、中小企業の経営者や個人起業家をサポート。 「仕事に繋がる戦略的名刺交換営業術」「一瞬で見込み客の心を掴むプロモーショントーク」「ファンを増やすパーソナルストーリー」「売り込まずに売れるインタビュー営業術」など研修テーマも多数持つ。