新潟在住のフリーアナウンサー&伝わる話し方の専門家、

小紫真由美です。

昨日は朝から、連続3件、商談や打ち合わせ。

仕事の話なので、集中するし、それなりに緊張もするのだけれど、
なぜか全く疲労感はなかった。

なぜかなあ、、、と考えてみて、気づいたことがある。

相手の方に、こちらの思いが理解していただけていると感じたり、
互いを認め合えていたり、
共感しあえたり…そんな関係性がある会話は、たとえ時間がかかっても、
疲弊しないのだ。

いや、実を言うと、むしろ、どんどん気持ちが熱く、元気になっていくのを感じた。

「自分が活かされている」とでも言うのかな。

昨日は、ある大きなプロジェクトの(まだ構想段階ですが)お話もいただき、
とても高揚したのだが、

それは、そのプロジェクトの規模が大きいとか、関わっている人が多いとか
そういう理由ではなく、

お会いした方が、事業にかける思いがとても熱く、それに感化されたからだ。

詳細はまだ言えないけれど、実現すれば、沢山の人の働き方や暮らしにも良い影響が起きそうで
ワクワクした。

「小紫さんの力をお借りしたい」と言われる前に、
「ぜひ協力させてほしい」と言いたくてムズムズした(笑)

 

今回のタイトルにもなっているけれど、

私は 究極、人の心をつかみ、巻き込むのは話し方のテクニックではなく、
話す人が、その話の中にこめた「本気の思い」や目指している「未来像」だと思う。

プレゼンもスピーチも同じで、「※※がしたい」「※※することが大事です」ということよりも

「なぜ○○してほしいのか」、「どんなビジョンを実現させたいのか」に魅力があれば、
人を揺さぶり、人を集める
のだと思う。

実は世の中、 損得よりも、共感で動く人の方が多いと思う。

そうなったら素敵だなあというビジョンに共感し、協力したいと素直に感じる思いが
人を動かすのではないかな。

口先だけ、、、とか、話し方が滑らか、、、とか、そういうのは、テクニックで、それは一番大事な物じゃない。
もちろんテクニックはあったほうが無いよりは良い。相手に伝わりやすいから。

でも、それ以上に、相手を惹きつけるのは、話し手の本気の思いや描く未来像。

ちなみに、口で「本気です」と言うのは簡単で、本気の人は、行動も伴っているので
説得力が違います。

そんなわけで タイトルの〇〇に入るのは、、、?

あえて、私の答を書かないでおきます。自由に発想し、定義してほしいので^^

2文字に限りませんし、唯一の正解もないので

ここまで読んでいただいて、「しっくりくる」フレーズを当てはめてみてくださいね☆彡

成功する人の話には〇〇がある。

ぜひ、あなたの言葉で!

 

18342099_1339118929471238_5113318042293297185_n

先日、レストランバスで頂いた越後姫(いちご)の炭酸ソーダ。
甘酸っぱくて、スカッとして、美味しかったな♡


小紫のコンサルティングメニューはこちらから

お電話でのお問い合わせ TEL 025-245-4560 受付時間 9:00〜18:00(日・祝除く)

The following two tabs change content below.
小紫 真由美

小紫 真由美

PRコンサルタント
神戸外国語大学を卒業後、TeNYアナウンサー、FM-PORTでナビゲーターを務めた後、2003年独立。コミュニケーションに関する資格を多数取得し、企業研修や講演実績は300件以上。一方、自身の体験を元に初対面の相手に、自社の魅力を伝え、信頼関係を構築する手法を体系化し、中小企業の経営者や個人起業家をサポート。 「仕事に繋がる戦略的名刺交換営業術」「一瞬で見込み客の心を掴むプロモーショントーク」「ファンを増やすパーソナルストーリー」「売り込まずに売れるインタビュー営業術」など研修テーマも多数持つ。