新潟在住のフリーアナウンサー&伝わる話し方の専門家、

小紫真由美です。
23376079_1512229465493516_2229858587552475088_n

ご近所さんから、秋鮭の切り身や沢山の白子(しらこ)を頂きました。

そんなわけで、腕をふるった?鮭づくし御膳。
手前は鮭とキノコのホイル焼き。
奥は白子(しらこ)と青ネギの煮物、お椀は白子汁。

白子は独特の食感が苦手という人もいますが、私は大好き^^
初体験の息子も夫も、
「うまい!!」とお代わりするほどでした。

「うふふ。そりゃそうですよ。
だって、手間ひまかけて下ごしらえ、したもんね~。」と威張りながら、

「見えない準備に手を抜かないことが大事なんだなあ。」と感じておりました。

では、今日の話題☆彡

*********************************

 

コーチングのクライアントさんから、嬉しい「結果報告」のメールが届きます。

勇気を持って踏み出すことが、新しい展開を生む、、、。

リーダーとして「率先垂範」する姿、私も見習わねば!と思います。

その一方で、、、
時々届くのが、
「こんなことを教えてほしい。」「アドバイスください。」といったメール。

まだ1度もお会いしていないのですが、私のブログなどから連絡してくる方がいらっしゃいます。

その事自体は一向に問題ないのですが、(ただし、「有料で提供している内容を特別に教えてほしい」などという困ったお申し出は除きます。)

残念なのは、こちらが返信したことについて、

何の反応もない人が結構いること(汗)。

それなりの時間を費やして、気持ちも込めてメッセージしていても、その後「なしのつぶて」では、寂しくなります。

「ついうっかり、返事を忘れて、、、。」

「忙しくてそれどころじゃなくて、、、。」

「たいしたアドバイスでもなかったし、、、。」などなど、

それなりの事情があるかもしれませんが、

やはり、対応した側としては、その後も「どうだったかな。」と気になるもの。

成功するためには、ものすごく難しいことをする必要はなくて、

むしろ、「当たり前のこと」から実践することが大事なんじゃないかなあ、、、と心でつぶやく私。

あらゆるビジネスは、「相手」があって成り立つもので、

「人の気持ちをどれだけ思いやることができるか」が基本だと思います。

自分にも言い聞かせながら、、、。

 


小紫のコンサルティングメニューはこちらから

お電話でのお問い合わせ TEL 025-245-4560 受付時間 9:00〜18:00(日・祝除く)

The following two tabs change content below.
小紫 真由美

小紫 真由美

PRコンサルタント
神戸外国語大学を卒業後、TeNYアナウンサー、FM-PORTでナビゲーターを務めた後、2003年独立。コミュニケーションに関する資格を多数取得し、企業研修や講演実績は300件以上。一方、自身の体験を元に初対面の相手に、自社の魅力を伝え、信頼関係を構築する手法を体系化し、中小企業の経営者や個人起業家をサポート。 「仕事に繋がる戦略的名刺交換営業術」「一瞬で見込み客の心を掴むプロモーショントーク」「ファンを増やすパーソナルストーリー」「売り込まずに売れるインタビュー営業術」など研修テーマも多数持つ。