伝わる話し方の専門家

小紫真由美です。

4月は、通常の業務に加え、

新しい仕事が始まったり、
コロナでストップしていた仕事が再開したり、、、と
例年以上の忙しさを感じています。

ちなみに我が息子は中学生になりました♡

新しいことにチャレンジするのは
緊張しますが、
成長の喜びも味わえます。

ご縁に感謝しながら、
ただ目の前のことを懸命にやるのみです☆

*********************************

さて、
先日、ある組織に研修に行ったときのこと。

事前の打合せで
先方は、研修の責任者と、その部下の方、お二人でした。

名刺交換をしてから、

着席を勧められ、責任者の方も着席されました。

その方が、早速打合せに入ろうとする一方で、

部下の方は席の斜め後ろ、入り口近くで立ったままです。

私はそのことに「違和感」を感じました。

ちなみに、椅子が足りないわけでなく、上司の隣は空いています。

「どうぞおかけください」とお声がけしたのですが、

部下の方は
「いえ、私はここで、、、」と遠慮します。

それでも、自分が座っている目の前で

直立不動で立っている方がいるのは、どうしても落ち着きません。

「どうぞ座ってください。こちらで打ち合わせに参加してくださった方が有難いです」
と再度促すと、

「それでは、、、」と言って、着席されました。

このように

接客する際、
上司が座って、部下は、起立したままの状態でその場にいる

というスタイルは、この組織では「通常のこと」だそうです。

つまり、
長年当たり前のように行われてきた慣習ということです。

しかし、そもそも

打ち合わせする後ろで、部下の方が立ったまま控えている

そのことに何の意味があるのでしょうか?

 

打ち合わせに参加するなら、着席するのが自然ですし

そうでないなら、貴重な時間を、その場に立ったまま過ごすのは
もったいないです。

もし、この慣習に意味があるとしたら、、、

上下関係を目に見える形で伝えている

ということぐらいしか思いつきません。

ゲストへの気遣いやマナー?
そうではないですよね。
(かえってこちらが気を遣います)

もしかすると
「ただ、昔からそういうしきたりだったから、それに従っている」という
のが本当のところかもしれませんね、

自分たちが、何の疑問も抱かずにやっていることが
実は本質を外れているというケースは少なくありません。

そして、こういった慣習が多ければ多いほど、

意味のない慣習や形式を守ることに 多くの意識や時間を使われ、
本来の目的が忘れられている傾向があると感じます。

長年「そういうものだったから」と続いてきた慣習は、それなりの「重み」を持ち、

「これって変ですよね?」と言いづらい風土を形成し、

その結果、組織の中にいる人たちは
自分で考え行動するのでなく、言われたことや既存の方法に従うようになっていきます。

環境が大きく変化する中、
組織には、生き残りをかけた変革、イノベーションが求められています。

しかし、「ウチでは、そうすることになっているから、そうする」という
思考停止の状態から、

成長やイノベーションは生まれづらいでしょう。

 

これは、なにも会社に限った話でなく、
地域のコミュニティや
同好会などでも同じだと思います。

 

日々の仕事の中で、

「これって、変じゃない?」
「そもそも、コレをやることに意味があるの?」という違和感を
大事にしてください。

当たり前になっている、その業務、行動は

本来の目的やゴールにとって、意味のあることですか?

 

ちなみに、冒頭の打ち合わせ、

同席された部下の方、
立っていたときよりも
ずっとリラックスした表情で

ニコニコしながら話を聴いてくださいました。

 

みんなハッピーが一番うれしいです☆

 

 

 

小紫のコンサルティングメニューはこちらから

お電話でのお問い合わせ TEL 025-245-4560 受付時間 9:00〜18:00(日・祝除く)