フリーアナウンサー&伝わる話し方の専門家、

小紫真由美です。

13450916_1042880299095104_1389791080320754474_n

父の日を前に、兵庫の父親リクエストの「おかき詰め合わせセット」を送りました。
「砂糖がいっぱいついているのが好きや。」というので(笑)ざらめのおかきを沢山いれましたよ。

喜んでくれるといいなあ・・・。


さて、

昨日は、駆け込みダッシュで2つのセミナーに参加。

2つとも「人材育成」がテーマだったのですが、
ふたを開けると、どちらも「コーチング」についてのお話でした。

コーチングに関しては、10年間、プロコーチ養成機関でトレーナーを務めていたぐらい、
私の「母体」になっているものですが、
講師によって、どんな伝え方をするのだろう・・・と興味深く、受講しました。
2つのセミナーに参加し、強く感じた事は、
「同じ題材でも、伝える人が違うと、響き方がまるで違う!」ということです。

読者の中にも同業の方がいらっしゃるかもしれませんが、

講師という立場は、本当に影響力も責任も大きいですね。

受講者の皆さんの貴重な時間、お金を預かっていることを考えると、

有益な学び、ノウハウを伝えるのはもちろんですが、

それは言うなれば、最低条件かもしれません。
さらに大事なことは、
講師自身が、自らが伝える内容を、今現在、実践していること。

そう思うのです。

講師自身の現場実践力・・・とでもいいましょうか。
これは、

講義の鮮度、躍動感、伝達力にそのまま反映され、結果として、受講者の成果にも関わってくる。

私はそう考えています。

講師は、登壇してしゃべっている間だけの職業ではないんですよね。

(実践が伴わない人の講義って、失礼ですが、言葉が上滑りしているなあって感じます。(*´Д`))

尊敬している先輩講師の方は、
それ以外の時間も、常に「自分自身のあり方はどうなのか」を問いかけていらっしゃいます。

私も、そうであり続けたいです。

「メッセンジャー(言う人)」だけでなく、実践がともなう「ジッセンジャー」でいたい。

厳しいですが、そのほうが、断然楽しいと思います。

 


小紫のコンサルティングメニューはこちらから

お電話でのお問い合わせ TEL 025-245-4560 受付時間 9:00〜18:00(日・祝除く)

The following two tabs change content below.
小紫 真由美

小紫 真由美

PRコンサルタント
神戸外国語大学を卒業後、TeNYアナウンサー、FM-PORTでナビゲーターを務めた後、2003年独立。コミュニケーションに関する資格を多数取得し、企業研修や講演実績は300件以上。一方、自身の体験を元に初対面の相手に、自社の魅力を伝え、信頼関係を構築する手法を体系化し、中小企業の経営者や個人起業家をサポート。 「仕事に繋がる戦略的名刺交換営業術」「一瞬で見込み客の心を掴むプロモーショントーク」「ファンを増やすパーソナルストーリー」「売り込まずに売れるインタビュー営業術」など研修テーマも多数持つ。