フリーアナウンサー&伝わる話し方の専門家、

小紫真由美です。

昨日は、父の日大作戦!

お菓子作りが得意なママ友に教わりながら(言われるがまま・・・)
丸一日かけて、なんとか出来上がりました。

 

スクリーンショット 2016-06-20 11.25.03

スクリーンショット 2016-06-20 11.25.14

ケーキとクッキー。

手間も時間をかけた分、出来上がると達成感もいっぱいです。

不器用がにじみ出ているのは、多めに見てもらうとして、味の方は・・・

主人と息子には大好評。「もう一切れ」とお代わりするうちに、あっという間に「完食」してくれました。

喜んでくれる人がいるから、作りたくなっちゃうんですよね。

==================================== 

【言葉のチカラ、言葉の限界】

この仕事をしていると、
「言葉の力」について感じることが多い。

たった一言で相手を力づけたり、その逆に傷つけてしまったり。傷ついたり。
そんな言葉の威力を思い知るときがあれば、

伝えたくてもうまく伝えきれない「言葉の限界」を痛感することもある。

つい先日、大切な肉親を亡くした方と話していて、そう思った。

今の私の伝えたいこと、心の中の思いを、的確に表す言葉が見つからない。

何を言っても真実じゃない気がして、もどかしかった。


それでも、ようやく絞り出した一言に、

相手は涙を流して喜んでくれた。

「真由美ちゃんの言葉に救われた。」と。


言葉のチカラは万能ではない。

状況によっては、むしろ言葉がなくても分かりあえることも多くある。

しかし、
言葉がなくては、決して伝わらない思いもある。

言葉には、誰かを後押しするパワーも確かにある。

口が上手いとか、滑らかに話せるとか、そういうレベルではなく、

相手を全身で受け止めた結果の、相手に寄り添える言葉を伝えていきたい。


小紫のコンサルティングメニューはこちらから

お電話でのお問い合わせ TEL 025-245-4560 受付時間 9:00〜18:00(日・祝除く)

The following two tabs change content below.
小紫 真由美

小紫 真由美

PRコンサルタント
神戸外国語大学を卒業後、TeNYアナウンサー、FM-PORTでナビゲーターを務めた後、2003年独立。コミュニケーションに関する資格を多数取得し、企業研修や講演実績は300件以上。一方、自身の体験を元に初対面の相手に、自社の魅力を伝え、信頼関係を構築する手法を体系化し、中小企業の経営者や個人起業家をサポート。 「仕事に繋がる戦略的名刺交換営業術」「一瞬で見込み客の心を掴むプロモーショントーク」「ファンを増やすパーソナルストーリー」「売り込まずに売れるインタビュー営業術」など研修テーマも多数持つ。