新潟在住のフリーアナウンサー&伝わる話し方の専門家、

小紫真由美です。

前回は

ある日いきなり
「ゲームがほしい!」と言い始めた我が家の息子に対し、

「買うか、買わないか、どうするのが一番良いか一緒に考えよう」と話し合いを持ちかけた
ところまでお話ししました。http://self-promotion.jp/?p=6537

16507812_1244165668966565_1612443629679450961_n

今日は私と息子のやりとりを題材に、

こじれがちな話し合いがスムーズにいくコツをお伝えします。

★=========★

前回も言ったように、それは誰でもできるシンプルな方法です。

まず、紙とペンを用意します。

紙は字を書くためですが、お互いが見やすいように、最低でもA4サイズ以上がおススメです。

さて、この紙を使ってどうするかと言うと、、、

まず紙の真ん中に一本の線を引きます。

そして、線で分けた左右の空白に、
ゲームを買うことによるメリット、デメリットを書き出します。
※子どもにも分かるよう、「いいこと」、「よくないこと」と書きました。

子どもと一緒に、思いつくままに書き出していってよいのですが、
注意することは、大人だけが意見を出さないこと、
子どもにも十分に考えさせ、発言させてあげること。

そうでないと、「親の都合がよいように話を進められた、、。」と子どもが感じてしまうからです。

子どもだけでは思いつかない場合は、大人がヒントを出したり、
「こんなこともあるんじゃない?」と質問したりしてもオッケーです。

これが実際に使った紙。(何かの裏紙です)

16426182_1247728831943582_9096075653752055116_n

見せることを前提に書いてないので、かなり雑ですね(汗)。

え?こんなやり方で、
話し合いが上手くいくの??と疑問に感じた人もいるかもしれません。

大丈夫です。
少なくとも、口だけの話し合いよりも、格段にスムーズに、冷静に話し合えます。

なぜか。

それは、紙に書くことで、話し合いの過程が「見える化」され、共有されるからです

紙に書かず、口頭で意見を言い合う場合、
テーマから話がずれたり、論点がすりかわったりする、、、などということがよく起きます。

たとえば、

「誕生日のプレゼントはいらないから、代わりに、今、ゲーム買ってくれる?」
と、子どもが思い付きで言ったことに対し、親が

「前も同じような約束したけど、結局、誕生日も何か買ってくれとゴネたでしょ?」と返し、

そこから、「言った」、「言わない」の話になってしまったり。

あるいは、

「だいたい、なんで皆が持っているのに僕だけ買っちゃダメなの」
という子どもの発言に親が反応してしまった結果、

「ゲームを買うか買わないか」という本来のテーマから、どんどん脱線していったり。


口頭での話し合いは、どうしても、相手の発言につられる、反応するということになりがちで、

結果、「今、自分たちが何を話すべきか」に集中できない欠点があります。


テーマや発言を紙に書き出し、それを見ながら話し合えば、

たとえ話が脱線しても「今はこれを話し合う時だよね。」と修正できますし、

相手が感情的になり、同じ発言を繰り返しても
「それはさっき言ってたことだよね。」と、前の発言を示しながらフィードバックできます。


話した内容やプロセスが「見え」、かつ共有できるので、

問題を客観的に眺められます。


その結果、落ち着いて考えられ、納得した結論を出しやすくなります。

さて、一通り書き出した紙をじーっと眺めていた息子、

「、、、ってことはさあ、ゲーム買ったとしたら、ゲームやるために
ほかの遊びが出来なくなるもんなあ、、、。それはいやだ。」

と一言。

「ゲーム持っている子の話に入れなくてもいいの?」と尋ねると

「うん。そのときは、ゲーム持ってない友達と話するわ。」

ここで、その日の話し合いが終わりました。


それ以来、息子の口から、ゲームの話は一度も出なかったのですが、

先日、気になって「ゲームの話、どうなった?」と尋ねてみました。

「あー、もういいわ。オレ、ゲームそんなに欲しくなかったみたい。」ですと。(笑)

 

感情的になっていた頭を冷やすうえでも、効果があったようです。

今回お話したのは、会議や話し合いをスムーズに進行するスキルである
「ファシリテーショングラフィック」をちょこっと活用した方法。

「ファシリテーショングラフィック」については、様々なや技法があり、専門書も出ていますので、
興味ある方は検索してみてください。

 

平行線で結論が出ない話し合いや
議論がかみあわない会議に困っている方は、ぜひ

紙とペンを用意して(会社ならホワイトボードがおすすめ)

話し合いの見える化、共有をやってみてくださいね。

堂々巡りの無駄な時間が減って、ゴールが近づきますよ。

 

 


小紫のコンサルティングメニューはこちらから

お電話でのお問い合わせ TEL 025-245-4560 受付時間 9:00〜18:00(日・祝除く)

The following two tabs change content below.
小紫 真由美

小紫 真由美

PRコンサルタント
神戸外国語大学を卒業後、TeNYアナウンサー、FM-PORTでナビゲーターを務めた後、2003年独立。コミュニケーションに関する資格を多数取得し、企業研修や講演実績は300件以上。一方、自身の体験を元に初対面の相手に、自社の魅力を伝え、信頼関係を構築する手法を体系化し、中小企業の経営者や個人起業家をサポート。 「仕事に繋がる戦略的名刺交換営業術」「一瞬で見込み客の心を掴むプロモーショントーク」「ファンを増やすパーソナルストーリー」「売り込まずに売れるインタビュー営業術」など研修テーマも多数持つ。
小紫 真由美

最新記事 by 小紫 真由美 (全て見る)