新潟在住のフリーアナウンサー&伝わる話し方の専門家、

小紫真由美です。

公私ともに・・・体力勝負の4月、、、折り返し地点を過ぎ、まだ走っています(笑)

自分の仕事・活動以外にも、子どもの習い事た空手の大会もあり、
さらに、私以上に忙しい夫の協力も期待できず、、、(涙)

毎日にように、気合いを入れなおしています。
エイヤッ!

さて、、、

この時期、集中するお仕事が、
新入社員の皆さんに
社会人としての意識やビジネスマナーをお伝えする研修です。

今月に入り、東京や名古屋で私も研修させていただきましたが、
教える立場の私自身が 「大事なこと」を教わる、有難い体験でした。

中でも、一番の勉強になったこと。

それは

「自ら学ぶ姿勢のある人」の素晴らしさでした。

幸いなことに、今年私が担当した新入社員の皆さんは、総じて
学ぶ意欲が旺盛な方々でした。

もともとの知識レベル、理解力も高い方が多かったということもありますが、
それ以上に、私が心打たれたのは、

言われたことだけをやろうとするのでなく、

「なぜそれをすることが大事なのか」を自分の頭で考える人が

何人もいたこと。

そのことは

「さきほど、このように教わりましたが、こんな場合はどうでしょうか。」

「私はこんなやり方もあると思うのですが、いかがでしょうか。」といった

こちらが 想定していなかった質問の多さで分かりました。


与えられた答だけに甘んじず、

自ら、新たな答を求める姿勢の表れですね。^^

ちなみに、たびたび質問をしてくれた受講生は、
その後のロールプレイの際、自身が学びとったことを、しっかり活かせていました^^

質問に対し、考え、答えることで、私自身も新たに気づかされたことがいくつもあります。

なにより、彼らの姿勢が、
私の中の、「教えたい」「育てたい」意欲を存分に引き出してくれました。

 

============================

受講生が一方的に教わるのでなく、
双方向のやりとりの中で、その場にいる皆の学びが、予定していた範囲を超え、
どんどん広く、深くなっていく。

==============-=============

理想的な学びの姿です。

そして、これは、研修だけでなく、ビジネスの現場、組織内のコミュニケーションにおいても
望ましい姿だと思います。

 

受け身でなく、自ら積極的に学ぼうとする人材は、
彼らを育成する立場の人間の「教える力」「育てる力」を引き出します。

また、彼らの素朴な疑問が、チームに新たな視点や改善点を提供し、現状を打破するきっかけを
作ることもあるでしょう。

このような人材は周囲からも一目おかれ、信頼されることは間違いないと思います。

ここまで書いてきて気づきましたが、
これは何も新入社員の方に限った話ではないですね。

教わるのでなく、
学ぶ場を自ら求めていく。

なぜ、そうするのか。
本当にこの方法がベストなのか。
もっと良いやり方はないのか。

自分や周りに問いかけて、より良い仕事をしていく。

フレッシュマンの皆さんが教えてくれた私自身、そんな意識を持ち、働いていきたいと思います。

17991841_1317392011643930_4938434254757310936_n
研修の朝見た、モクレンの花。
可憐です。

17990848_1317392014977263_4581395651030412638_n

研修終了直後に見た夜桜。
色っぽかったです。 名古屋にて。


小紫のコンサルティングメニューはこちらから

お電話でのお問い合わせ TEL 025-245-4560 受付時間 9:00〜18:00(日・祝除く)

The following two tabs change content below.
小紫 真由美

小紫 真由美

PRコンサルタント
神戸外国語大学を卒業後、TeNYアナウンサー、FM-PORTでナビゲーターを務めた後、2003年独立。コミュニケーションに関する資格を多数取得し、企業研修や講演実績は300件以上。一方、自身の体験を元に初対面の相手に、自社の魅力を伝え、信頼関係を構築する手法を体系化し、中小企業の経営者や個人起業家をサポート。 「仕事に繋がる戦略的名刺交換営業術」「一瞬で見込み客の心を掴むプロモーショントーク」「ファンを増やすパーソナルストーリー」「売り込まずに売れるインタビュー営業術」など研修テーマも多数持つ。
小紫 真由美

最新記事 by 小紫 真由美 (全て見る)