新潟在住のフリーアナウンサー&伝わる話し方の専門家、

小紫真由美です。

先日、カラー診断を受けてきました。

好きな色 ≠ 似合う色 

色彩のプロいわく、

似合う色とは、その人の持っている魅力が輝き、
たとえ スッピンでも、顔色が良く見えたり、美しく見えたりするのだそうです。

自分が好きな色は分かるけれど、それが本当に私の良さを引き出している色かどうかは
分かりませんものね。

さて、ドキドキの診断の結果、

私に似合う色!と分かったのは、こちら。

18193707_1329578007091997_6694671506764517615_n

診断してくれた人は「あじさいの色」と言っていましたが、
ハッキリした、派手な色味でなく、

少し灰色の混じったパステルカラーが似合うようです。
これが本当に、私に似合うんです。

スッピンなので顔は見せられませんが、他の色に比べて
これらの色を顔に近づけた瞬間は明らかに

顔色がパッと明るくなったんですよ~。
また、身に着ける素材として、私の場合は
シフォンのように柔らかいものや
フワフワしたものが似合うそうです。

いわゆる、女性らしいファッションですね。(本人の性格は別にして)
ちなみに、私の場合、仕事ではスーツスタイルが基本。

相手の方にプロとしての信頼感、安心感を与えたいので、
どちらかといえば、「柔らかさ」より、「力強さ」や「明快さ」を意識してきました。

紺のジャケットに華やかなスカーフを合わせるといったように、、、。

ただ、光沢感や厚み、張りのある素材は本来、あまりに合わないそうです。(;’∀’)

ただし、
「顔の近くに自分に似合うブラウスやスカーフを配色するだけでも、
効果がありますよ。」ということですので、

試してみます♫
そして、何よりも、プライベートの装いを変えることにします☆

すでに、似合わない色や素材の服を大量に、古着の店に持っていきました。(行動早いでしょ?)

一回も袖を通していなかったものも数着ありましたが、
不思議なことに、それら全て、私に似合わない色だったんです。

本能が、「着たくない!」と拒否していたのかも(笑)
本当に診断を受けて、良かったです。

自分に似合う色や素材が分かれば、
買い物の時も、迷う時間が少なくなりますし、
衝動買いして、後悔することも減りそうです^^
なにより、自分の魅力が輝くような色をチョイスできたほうが絶対にお得ですよね。
今回感じたことは、

=================
他者の意見や視点を取り入れることの大切さ

==================

です。

「私はこれが好き!」「自分のスタイルはこうなんだ!」と
自分のこだわりを追求することも良いのですが、

時には、他者の意見に耳を傾け、取り入れる柔軟さがあると、

思わぬ可能性が広がるなあと感じました。
ただし、
誰でもいいわけでなく、専門家などその道に詳しい人や
信頼できる人を選ぶことがポイントだと思いますが、、、。

18118986_1328702897179508_4294793984698300806_n
小花模様の服が似合うと言われたので、早速チョイス。
ただし、スッピンなのが残念です。

「自分の魅力が輝くメイクのコツ」も学ばなきゃいけませんね(汗)

 

 

 


小紫のコンサルティングメニューはこちらから

お電話でのお問い合わせ TEL 025-245-4560 受付時間 9:00〜18:00(日・祝除く)

The following two tabs change content below.
小紫 真由美

小紫 真由美

PRコンサルタント
神戸外国語大学を卒業後、TeNYアナウンサー、FM-PORTでナビゲーターを務めた後、2003年独立。コミュニケーションに関する資格を多数取得し、企業研修や講演実績は300件以上。一方、自身の体験を元に初対面の相手に、自社の魅力を伝え、信頼関係を構築する手法を体系化し、中小企業の経営者や個人起業家をサポート。 「仕事に繋がる戦略的名刺交換営業術」「一瞬で見込み客の心を掴むプロモーショントーク」「ファンを増やすパーソナルストーリー」「売り込まずに売れるインタビュー営業術」など研修テーマも多数持つ。