新潟在住のフリーアナウンサー&伝わる話し方の専門家、

小紫真由美です。

先日、あるイベントの司会をした時の事。

若いスタッフの仕事ぶりに、感銘を受けました。

それは本番直前のタイミングでした。

司会者にとって
最初の話出しの言葉をイメージしたり、アナウンスの流れを確認したり、
最も意識を集中している時です。

18557051_1348249898558141_2593660407465721311_n

(イメージ写真)

まもなくマイクの前に進もうとしている、その時に、
女性スタッフが私のそばにやってきました。

 

本番前に進行内容が変更して、急きょアナウンスも変わる。

その指示が飛んでくる、、、ということはよくあることなので、
今回も、「何かあるんだな、、、。」と思いました。

次の瞬間。彼女の言った言葉に、私の耳がピン!と立ちました。

私の横にかがんだ彼女は こう言いました。

「小紫さん、お忙しいところ、すみません。〇〇の件で一点ご相談があります。」

その瞬間、耳の穴が開きました。

=============
〇〇の件で、一点、ご相談があります。
=======-=====

この一言で
「大事なことを言おうとしているんだな。ちゃんと聞かなきゃ。」という心構えが出来たのです。

彼女の簡潔な報告が続き、おかげで素早い判断が下せました。

相手がほかのことに集中している。あるいは忙しいという状況で
こちらに意識を向けてほしいときは、

相手が 手を止めて、こちらを振り向くような関わり方が大事です。

しかし、実際は、相手の状況を考えず、自分のペースで
自分が言いたいことを ダラダラと伝える人が少なくありません。

間もなく本番という
時間がない時に、「あのですね。台本では〇〇となっているんですが、△△という事態になりまして、、、。」

というように、起承転結型の報告や要領を得ない相談や報告をされると、ヤキモキします。

それどころか、

「今、このタイミングで伝えるべき内容じゃないよね。後でも良かったよね、、、。」という報告をする方もいて、なんとかならないかなあと思います。

この話を、組織でマネージャーをしている知人に話したところ

大いに共感していました。

「忙しい時に、要領を得ない話をダラダラされるのは本当に困る。
『ちょっといいですか?』で始まり、ちょっとどころか何分も言いたいことが分からない相談を
聴かされることも多い。

逆に、『今、1分ほどお時間よろしいですか。』とか『〇〇の件でご相談したいことがあります。』
というように、先にポイントを言ってくれると、今聴くことかどうか、こっちが判断できるから
有難いんだよね。」

そう彼女は言っていました。

相手に対して、何かを話すことは、相手の貴重な時間を割いてもらう行為です。

だからこそ、私達には

短い時間で
相手にとって大事なことを
分かりやすく
伝える技術が

求められるのですよね。

たかが 報告・相談ですが、その方の仕事への姿勢も垣間見えますし、
伝え方次第で、相手への信頼が大きく変わってくる。

そう思います。

 


小紫のコンサルティングメニューはこちらから

お電話でのお問い合わせ TEL 025-245-4560 受付時間 9:00〜18:00(日・祝除く)

The following two tabs change content below.
小紫 真由美

小紫 真由美

PRコンサルタント
神戸外国語大学を卒業後、TeNYアナウンサー、FM-PORTでナビゲーターを務めた後、2003年独立。コミュニケーションに関する資格を多数取得し、企業研修や講演実績は300件以上。一方、自身の体験を元に初対面の相手に、自社の魅力を伝え、信頼関係を構築する手法を体系化し、中小企業の経営者や個人起業家をサポート。 「仕事に繋がる戦略的名刺交換営業術」「一瞬で見込み客の心を掴むプロモーショントーク」「ファンを増やすパーソナルストーリー」「売り込まずに売れるインタビュー営業術」など研修テーマも多数持つ。