フリーアナウンサー&伝わる話し方の専門家、

小紫真由美です。

日頃、お客さんの立場で商品を購入している、とある企業に、
仕事の要件で電話をしたことがありました。

対応したのは、その企業の人事部に所属する男性でしたが、

その方の、あまりに横柄な物の言い方に、呆れ、悲しくなりました。

「おたくさあ、・・・・なの?

「で、・・・なわけ?」

このような言い方を、自社のお客様に向かってなら、絶対にしないでしょう。

残念ながら、この方は 取引先の私を、軽んじ、下に見ていたんでしょうね。(涙)

ところ変わって、

ある飲食店を利用したときのこと。
店の主人らしき人の授業員への言動があまりに乱暴で、びっくりしました。

大きな声で部下の失敗を怒鳴りつける。
ダラダラと叱りつける・・・。

調理場の「騒音」がこちらまで筒抜けで、
お料理を味わうどころではありませんでした。

a0001_006337

なのに、その店主ときたら、お客である私には、打って変わったような笑顔と
猫なで声?で、接客するのです。

その豹変ぶりに興ざめし、その後、お店に行く機会はありませんでした。

相手によって、極端に態度を使い分ける人がいます。(少数であることを祈ります)

もちろん、身内の人間か、お客様かによって、対応が多少異なるのは当然です。

しかし、相手がだれであれ、人と接する時の
「尊重する気持ち」や礼儀は必要不可欠な物。

お客様は、自分への対応以外にも、

従業員同士の会話、上司の部下への言葉遣をその会社、そのお店の全体を、しっかり見ています。

そして、その会社(お店)の風土や信頼関係を
見定めます。

社員同士、店員さん同士の会話が和やかで、言葉遣いが丁寧なお店。
「ありがとう。」が自然に言えている会社。

そんな光景を目にした時、顧客は安心します。

社員同士が信頼し合い、安心感の中で仕事をしている。

そんなチームワークは、必ず提供されるサービスの良さにつながるからです。

店主に怒鳴りつけられながら作ったお料理は、美味しいとは思えません。

コミュニケーションは、相手に応じて使い分けられるものではなく、
つながり、循環するものだと思うのです。

13775865_1061697893880011_7145130628988807267_n

昨日、息子と出かけたレストランでいただいたハンバーグ。
スタッフの女性の対応が温かく、ますます美味しく感じられました。

きっとリピートしちゃいますね^^


小紫のコンサルティングメニューはこちらから

お電話でのお問い合わせ TEL 025-245-4560 受付時間 9:00〜18:00(日・祝除く)

The following two tabs change content below.
小紫 真由美

小紫 真由美

PRコンサルタント
神戸外国語大学を卒業後、TeNYアナウンサー、FM-PORTでナビゲーターを務めた後、2003年独立。コミュニケーションに関する資格を多数取得し、企業研修や講演実績は300件以上。一方、自身の体験を元に初対面の相手に、自社の魅力を伝え、信頼関係を構築する手法を体系化し、中小企業の経営者や個人起業家をサポート。 「仕事に繋がる戦略的名刺交換営業術」「一瞬で見込み客の心を掴むプロモーショントーク」「ファンを増やすパーソナルストーリー」「売り込まずに売れるインタビュー営業術」など研修テーマも多数持つ。